全393のロックンロールがここにあります

二日酔い

調子に乗って月曜日からはしゃぎすぎて飲んだ(2杯だけ)。

2杯だけのはずなのに、たいそう酔っ払って、

途中で帰る暴挙に出た(立ち飲みだったんだけどとにかく辛かった)。

 

撮った写真を見返すとめちゃくちゃ...酔っ払ってる!

帰って寝るまでと、朝起きてからもずっと頭がいたい。これが...二日酔い?

秋のはじまり

9月6日(水)

引っ越してきてから初めてゴキブリと遭遇。

Twitterでファブリーズが効くらしいと聞いたので、

ファブリーズをかけてみる。

微動だにしなかった...

 

9月7日(木)

行きたかった行事に参加できることになった。

めちゃくちゃ楽しみ。

風邪も少しずつ良くなってきた。

 

9月8日(金)

後輩と飲みに行った。

私の好き嫌いに付き合わせてしまって申し訳ない。

旅行の予定をたてた。楽しみ。

 

9月9日(土)

先輩と餃子を食べに行った。

ずっと行きたかったお店だったので嬉しかった。

 

9月10日(日)

写真の撮られ方講座に行った。

プロのカメラマンすごい。自然な笑顔で写真にうつれた。

写真のことだけじゃない良い話がたくさんあった。

 

  • 自分が「できない」と思ったらそれが身体や表情に出て、相手に伝わる。「できる」と自分で思い込ませる。
  • 人に悪口を言われても、それを認めなければ傷つかない。人に悪口を言われて傷つくのは、言われた悪口を認めてしまうから。

 

メモ。最後にメアドを皆に配って、

 

「悩んだらなんでも相談に乗るからね!写真のことでもいいし、もちろん恋愛も。俺、百戦錬磨だから!」

 

って言ってたのが最高にワイルドで好感が持てた。

相談しようと思う。

久しぶりに風邪をひいた

例えば頭痛。例えば吐き気。例えば身体のだるさ。

これらを総称して、体調不良としている。(私の中で)

体調不良でよく起き上がれなかったりすることはある。

けど、風邪を引くことはめったにない。熱が出ることもほとんどない。(実は)

 

なので久しぶりに風邪を引いたな、という感覚。

身体が熱っぽくて、喉が痛い。喉からくる風邪っぽい。

久しぶりに風邪を引いてなんだか嬉しい。

 

いつも体調不良になるときは、原因不明だからだ。

明確な症状はあるけど、病名がつかない。ただの頭痛。ただの吐き気。なんとなく身体がだるい。みたいな感じ。

だから風邪です、って言えることが嬉しい。いや、何を言ってるのかよくわからないけど。

 

それにしても、9月になっていきなり涼しくなったなぁ。

みなさんも体調には気をつけてください。

誰が見てるかも分からないけど。

「人間になったね」と言われた

 

2年半くらい前に紹介してもらった、友人の知人であるお姉さんに会ってきた。

なんだか不思議な人なので、周りの人には『占い師』って言っているけど、

実際には占い師ではない。占ってもらうわけでもない。

カウンセラーに近いのかも。

 

2年半前に紹介してもらったとき、私はなんていうか、ズタボロだった。主に精神的に。

友人が見兼ねて、紹介してくれたのが例のお姉さんだ。

前にアドバイスしてもらったことを実際に試してみたら、凄く良くなった、という話をしたら、

 

「うん、分かるよ。前に会った時は本当に人間らしさがなかった。

ボロボロで、生きてる感じもなかったけど、本当に人間として成長したね。

ようやく人間になった。」

 

と言われ、そんなに私はボロボロだったのか!と思った。

抱えている悩みも人間らしさが出てきて良かったね、と言われた。

そうやって悩んで傷ついて、成長して行くのが人間なんだよ。

あなたはようやく人生のスタートラインに立った。

これから辛いこともあるけど、楽しいことがいっぱい待ってるよ。

 

そう言われて、ワクワクした気持ちでいっぱいになった。

秋も訪れて、少しずつ、漠然とした不安感や悲しみが減って行く予感がした。

 

あなたは幸せになれる。頑張りなさい。

 

背中を押してもらった。押してもらう、というよりかは、蹴られた、に近いかも。

もう少しキツい言葉で、自分のやってきたことを叱られたりもしたし、

悲しいことも言われた。傷ついた。

蹴り落とされたので、ここから這い上がる、が正解に近いかも。

 

這い上がって幸せになる。

なんて私っぽいキャッチコピーなんだろう?

大切だったことは失ってから気付く

失ってからじゃないと、

大切だったことに気付かないように人間はできているのかもしれない。

 

大好きなサービスを抜けて、別のサービスの仕事をすることになった。

正直最初は、あんまり寂しさや悲しみとかがなかった。

でも徐々に悲しみが、じんわり体の内側に染み込んできている。

あ、寂しいな。別の仕事を初めて2ヶ月目くらいで感じ始めた。

と同時に、大好きだったんだな、とも気付いた。

 

この先わたしはどうなっていくんだろう。

どうなっていきたいんだろう。

楽しさの中に悲しさがある、そんな毎日だけど、

今ある目の前のことをちゃんとこなしていこうと思う。

 

ところで8月が31日まであってびっくりした。そうか...明日から9月だ。

夏休みが終わる

今年の夏休みは旅行に行く気満々だった。

けど、諸事情あり行かないことにした。

 

夏休みの宿題!と思って何冊か本を読もうかとも思ったけど、

結局一冊をちんたら読み進めて、もうすぐ終盤というところまできた、くらい。

夏休みの中盤で体調を崩して食べては寝て、食べては寝てを繰り返した。

気持ちが沈んでいったけど、人と会ったりゲームをしたら浮上した。

 

休みで何もない日に、勉強をしないとそわそわする体質だったけど(かと言ってやるかやらないか、で言うとやらない)

なんかもう少し気楽に生きようと思った。勉強しなくても、何もしなくてもいいじゃんか。休日なんだし。

仕事はちゃんとやってるし(つもり)、本をたまに読んだり勉強したりもするし(本当にたまにだけど)、

もう少し自分が楽しいとか癒されるとかいう時間も大切にしようと思ったのであった。

 

そんな夏休み。明日で終わり。早かったなぁ。

 

ホリデイ』という映画を、何日かにわたって分割して観た。

家で映画を一人で観ると、集中力が続かないので、

夕飯のときだけ、とか、寝る前にちょっと、とかで分割して観ることが多い。

 

ホリデイ、良かった。キュンキュンする映画、ってレビューに書いてあったけど、

終盤までキュンキュンする要素0だったので「あれ〜?」という感じだった。

最後の15分くらいがヤバかった。全員かわいい!抱きしめたくなる展開。

 

未来を悲観するヒロインにイライラしてしまったけど、

わたしも完全一致なので同族嫌悪だなと思った。

ネガティブなのはよくないなと思うけど、

この性格で今の自分がいるのでしょうがないかも、と思ったり。

 

秋がくるねぇ。頑張ろう。

大好きな友人のこと。

世界で一番大好きな友人のLINEを知らない。

友人がLINEをやってないわけじゃなくて、

あえてつながっていない。

 

世界で一番大好きな友人のTwitterをフォローしていない。

友人がTwitterをやっていないわけじゃなくて、

あえてフォローしていない。

 

距離が近すぎるとうまくいかない。なんでか分からない。

LINEも喧嘩してばっかりなので、つながらないようにした。

Twitterもお互い見ていてイライラすることばっかりなので、フォローしないようにした。

毎週のように会いたい気もするし、

この先5年、10年、会わなくても良い気がする。

 

でもふと、あー、なんかもう、無理だなって思った時に、

顔を思い出す。

思い出して、あー、一緒にラーメン食べたいなって思う。

 

わたしは人に悩みを話すのが苦手なので、

ただ隣にいてくれるだけでいい時もあるんだけど、

そういう女友達は少ない。話を聞きたがる人が多い。わたしもそうだけど。

でも、彼女はわたしの話を無理に聞き出そうとしない。

 

ただ黙ってラーメンを食べて帰るときもあるし、

ファミレスで延々話をしてお互い終電で帰るときもある。

 

いいやつだ、まじで。ほんといいやつ。

この世界で一番気を使わなくていいし(向こうはわたしがめちゃくちゃ短気なのを知ってるので結構気を使ってると思うけど)、

何より顔が可愛いのが最高。

 

なんか良い話をしていた風だけどめっちゃ台無しな感じになったよね?

でも顔は本当に可愛い。みんなに自慢したい。

 

彼女とは、今年で13年目の付き合いになる。

帰国子女の血が騒ぐのか、結婚式を挙げる時は、向こうで流行してるスタイルでやりたいって言ってて、

完全にパリピな感じになる予感しかしてないし、今から絶望してるけど楽しみ。

机の角にアゴをぶつけて大泣きした

机の角にアゴをぶつけた。

思いきりぶつけた。


めちゃくちゃ痛くて、

アゴ割れたらどうしてくれるんだと思ったりして、

どうしようもなく情けなくなって、

誰も見てないけど恥ずかしいし、

色んな感情が押し寄せてきて泣いた。


声出して泣いた。こんな24歳でごめん、誰だか分かんないけど、とりあえず懺悔しとく。

でも、ひとりでちゃんと生きてる。私、ちゃんと生きてる、ひとりで。


それにしてもアゴ痛い。

1年くらい前に作ったZINEがお店から戻ってきた。

 

撮った写真をまとめたZINEを作って、お店に出していた。

作ったうちの半分とちょっとが売れて、半分より少し少なくなって戻ってきた。

私が作ったものを、買ってくれる人がいるなんて、とっても感動した。

どうも、ありがとうございます。


紙ものを作ったことがほとんどないので、とても大変だった。

時間はあったのだけど、やる気の問題だった。

全然、やる気が起きなくて、受付の〆切を大幅にぶっちぎって先方に送った。

イベントに2回、置いてもらえる予定だったけれど、

1回目は間に合わなかった。

ダサくて恥ずかしくて、誰にも言えなかったけど、今暴露してすっきりさせてください。


〆切を守れず、ギリギリで暮らしていたので、印刷会社に頼むことはやめた。

そんなに部数も刷らない予定だったので、キンコーズで何とかなるだろうと思っていた。全然浅はかだったけど。

切ってもらうのにもお金がかかる、くっつけてもらうのにもお金がかかる。

予算をキンコーズで見積もると相当オーバーした。

なので表紙だけは切ってもらって、あとの中身の紙は手作業で切った。

100枚近く、ひたすら自分で切った。

手が痛くなった。

なんだか泣きそうになったけど全部自分で切った。

切った後はページの順番を間違えないように、重ねて、止めた。一つずつ。


出来上がりのZINEを見て、買ってもらえるのだろうか、と不安になった。

もうどうでもいい、恥ずかしいから、送るのはやめて、

「すみません、間に合いませんでした。無理そうです。」

の一言、先方にメールしようかなと思った。

でも、最初に自分で決めたことだった。何かやり遂げること。自分のものを、ちゃんと作り上げること。自分との約束を破ったら、自分のことを嫌いになってしまう。だから、送った。自分の作ったものに自信をつけて、送った。


結果は最初にも書いたけど、ちょっと売れた。ちょっとでも売れたことがこんなにも嬉しい。

本当に時間がなかったので、TwitterもFBもブログも、何も情報を載せなかった。ごめんなさい。どこの誰が作ったかも分からぬZINEを買ってくれて、ありがとう。

またやりたい。紙もののデザインとか、苦手だけど、またやりたい。次はもっと良いものが作れる気がするし、作りたいんだな。

ひぐらしガーデンに行ってきたよ

日暮里にある、ひぐらしガーデンに行ってきた。

前々からずっと行きたかったので、うれしい。

 

 

カフェとパン屋さんと本屋さんがある。

駅からは5分くらいだった。近い。

全体的にちんまりしていて、穏やかな空気が流れていた。

周辺には小学校もあって、だいぶのどか。

 

本屋さんには変な本がいっぱい売っていた。

オムライスの秘密 メロンパンの謎』と『たとえば銀河がどら焼きだったら』という本を買った。

買った本を読みながらカフェでひとやすみした。

コーヒー美味しかった。また行きたい。