全396のロックンロールがここにあります

ブログを2週間と少し、書かなかった。

ブログを書くのをやめた。

新卒で今の会社に入って、配属されてからずっと、1年間くらい、

ほぼ毎日書いていたブログをやめた。

 

理由はなんでかっていうと、うーん、よくわからない。

ただなんとなく書く気力がいつも以上になくなってしまったこと(普段からそんなにあるわけじゃないけど)、

日常の延長線上にあったけど、なんとなく重荷にも感じていたのでいっそやめてみたらどうかな、と思ってやめてみたこと、

やめてみたらやめた分だけ気が重くなったことが分かった。

 

なんとなく書く気力がなくなってしまったのは、

この先「書く」行為に対して時間を一定以上取られて、それでわたしの人生は楽しいのだろうか...

と考え始めて、一旦やめてみようかと考えた次第である。

離れてみて、書く行為自体はとても好きだし、自分の人生の一部として迎え入れていきたいなと思った。

 

やめた分だけ気が重くなってしまったのは、

「毎日書かなきゃいけない」

という脅迫概念に近いものが既に、確立されていたからだった。

こういう習慣をつけると、週間がいつしか重荷になって、

「やらないと悪」という気持ちが強くなってしまうだろうなぁとは思っていた。

元々そういう考えに陥りやすいので。

しかし想像以上に根が深くて驚いた。こことは上手く付き合っていかないといけないなと思う。

 

離れてみて気付くこともあるなと思った。

失ってから気付く、では遅いことの方が多いけれども。