全398のロックンロールがここにあります

「人間になったね」と言われた

 

2年半くらい前に紹介してもらった、友人の知人であるお姉さんに会ってきた。

なんだか不思議な人なので、周りの人には『占い師』って言っているけど、

実際には占い師ではない。占ってもらうわけでもない。

カウンセラーに近いのかも。

 

2年半前に紹介してもらったとき、私はなんていうか、ズタボロだった。主に精神的に。

友人が見兼ねて、紹介してくれたのが例のお姉さんだ。

前にアドバイスしてもらったことを実際に試してみたら、凄く良くなった、という話をしたら、

 

「うん、分かるよ。前に会った時は本当に人間らしさがなかった。

ボロボロで、生きてる感じもなかったけど、本当に人間として成長したね。

ようやく人間になった。」

 

と言われ、そんなに私はボロボロだったのか!と思った。

抱えている悩みも人間らしさが出てきて良かったね、と言われた。

そうやって悩んで傷ついて、成長して行くのが人間なんだよ。

あなたはようやく人生のスタートラインに立った。

これから辛いこともあるけど、楽しいことがいっぱい待ってるよ。

 

そう言われて、ワクワクした気持ちでいっぱいになった。

秋も訪れて、少しずつ、漠然とした不安感や悲しみが減って行く予感がした。

 

あなたは幸せになれる。頑張りなさい。

 

背中を押してもらった。押してもらう、というよりかは、蹴られた、に近いかも。

もう少しキツい言葉で、自分のやってきたことを叱られたりもしたし、

悲しいことも言われた。傷ついた。

蹴り落とされたので、ここから這い上がる、が正解に近いかも。

 

這い上がって幸せになる。

なんて私っぽいキャッチコピーなんだろう?